BAND-AGE
2019.02.07    2019.02.07

アマチュアミュージシャンが集客のためにやるべき事 

アマチュアミュージシャンが集客のためにやるべき事 

本記事の内容

音楽活動をしている皆さん、せっかくやるならたくさんの人に知ってほしいですよね。


でも、うまく広めることができず、ライブをやってもお客さんが友達数人…なんてこともあるのでは。


みんなに知ってほしいし、人気が出たい!売れたい!と思っているのに、具体的にどうしたらいいか分からない、なんだか面倒くさそう、ただ仲間と楽しければいいから、引っ込み思案でアピール苦手…などいろいろな理由でなかなか思うように告知・集客ができていないというケースに当てはまるなら、これからちょっと動き出してみませんか?


ソロでもバンドでもグループでも、やることは同じかなと思います。


とにかく露出



今はネットがこれだけ浸透していて様々なサービスがあるので、それを存分に活用しましょう。


友達に地道に「今度ライブやるからよかったら来てね」と言うのも大事ですが、ネットでの爆発的な拡散を狙って、どんどんネット上でアピールすべきです。


まずは無料で使えるものからいきましょう。


露出のための準備



今回はネットを使って露出していくための準備について、ひとつずつ確認していきます。


SNSはとりあえずツイッター・フェイスブック

この2つにまだ登録していなければすぐにしましょう。


SNSの拡散力は偉大です。


ぜひ活用しましょう。


やっぱりあったほうがいいホームページ

もちろんBAND-AGEも使えます。


ここにアーティスト情報を登録して、活動している地域(県)の音楽が好きな人たちの目に留まる機会を増やしましょう。


アーティストの基本情報の発信やライブの告知、写真や動画などもまとめて載せられます。


ホームページをまだ持っていなければ、すぐに登録することをおすすめします。


BAND-AGEだけでも十分ホームページの役割を果たせますが、さらにホームページを無料で作るならこんなのがありました。

areMond

アーティスト向けのサービスだそうですよ。


どのツールもしっかりと管理していく

他にも、ブログ等でも情報発信していけばさらにいいかもしれませんが、それぞれの管理に手が回らなくなったり何が何だか分からなくなると元も子もないので、まずは「ツイッター」「フェイスブック」「ホームページ(BAND-AGEをおすすめします!)」の3つをしっかりと活用していくといいと思います。


これで露出の準備は万端です!


次はこの3つをどのように使っていくか書いていきますので、ぜひそちらもご参考になさってください!


この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。