BAND-AGE
2019.02.07    2019.03.02

バンドマン必見のWebサービス【Frekul(フリクル)】

バンドマン必見のWebサービス【Frekul(フリクル)】

【バンドマーケティング研究所】

ここはバンドの認知度アップや集客をどのようにすればいいか、日々真剣に研究している所です。


今回は、オリジナルをやっているなら登録しない手はない!と感じた「Frekul(フリクル)」というサービスについてご紹介したいと思います。

Frekul(フリクル)とは


「音楽活動をサポートするバーチャル・プロダクション」だそう。

ふむふむ。

これだけだと分かりにくいかもしれないので、具体的に何ができるのかをひとつずつ見ていきます。


Frekul(フリクル)で何ができるか


音楽サービスへの配信


Apple Music、Spotify、iTunes Store、Amazon Musicなどの音楽サービスに、曲を配信することができるんだって!

しかも無料で。

おぉ、プロみたい!とこれだけでもテンション上がっちゃいます。

「アレクサ、○○○○○○の曲かけて」って言ったら自分たちの曲が流れるなんて。(筆者アレクサ派です。)


今や、音楽は配信で聞くことがほとんどで、CDを作ってもなかなか売れない時代。

意気込んで何百枚と作っても、売れずに「こんなにいっぱいのCDどうすんの」状態になりかねません。


それなら、楽曲は思い切って配信のみにした方がいいのでは。

若い世代は特に、なんらかの音楽ストリーミング配信サービスに登録しているケースが多いですよね。

中には数種類のサービスを使っている人も。


時代に合った身近な方法で、たくさんの人に聞いてもらう機会を作る事は大事だと思います。


例えば、ライブを見てくれたお客さんで、楽曲やパフォーマンスをとっても気に入ってくれた場合はCDを買ってくれるかもしれませんが、ちょっと気になる程度だと、CD購入まではたどり着かないかもしれません。


でも、MCで「○○○○で楽曲配信してるので、ぜひ他の曲も聴いてください!」と告知したら、自分に馴染みのあるものなので聴いてくれるチャンスはアップすると思うのです。

それを聴く事による料金も発生しませんし。(いくら聴いても料金定額ですからね)


そうして、また次回のライブにも来てもらい、遂にはファンになってもらう。←ここで収益発生!


楽曲に関しては、焦ってCD販売で収益を上げようとせず、リスナーが触れやすいような仕組みで考えるといいと思います。


少し話は逸れますが、バンドの収益は「ギブ&ギブ」「損して得取れ」精神で!と思っています。

目先の利益を求めずそれを続けていくうちに、きっといい方向に向かっていくはずです!


この話はまた次の機会で熱く語るとして…話を戻します。


音楽業界人にアピール


フリクルの「スマートオーディション」という機能を使うと、音楽業界の人たちにアピールできるらしいです。

楽曲と情報をアップしておくだけで、様々な音楽業界人とマッチングされるとのこと。


どこの会社の人が曲を聴いたかも分かって、もしそれで気に入られたら連絡が来るんだそう!


説明ページを見てみると、多くの会社が提携してますね。

例えばavex、KING RECORDS、SonyMusicとか誰でも知っているような大手企業も。


一括登録で、いろんな所にアピールできるのは便利でいいですね。


全国のカラオケに配信


こちらは料金が発生するサービスのようですが、全国のカラオケ店で自分たちの楽曲が歌えるようになります。


楽曲が著作権管理団体に信託されていない場合は印税収入はありませんが、まさに昔はプロにしかできなかったようなことが、今すぐにでもできてしまう面白さがありますよね。

それだけでもやってみる価値ありかもしれません。


他にもさまざまなサービスが


ウォーターバグズステージ

ライブ告知ができるみたいです。

全国の直近のライブ情報や、地域ごとの情報に絞り込みもできるようです。


SUZURI

オリジナルグッズの作成がかんたんにできそうです。

画像1枚アップすれば、Tシャツやステッカーや缶バッジなど、ラインナップもまずまずかと。

何よりいいのは、注文を受けてから作成するので、在庫を持たなくて済むところですね。


忘れちゃいけないBAND-AGE


BAND-AGEもお忘れなく。


BAND-AGEの一番の特徴は、「地域密着型のサービス」であるという点です。


あなたがライブをやるのはどこですか?

全国をまわる方もいらっしゃいますが、多くの方が地元のライブハウスでやるのかなぁと思います。


で、そこに思うように集客できない。

だったら、まずは「近日のライブに来れるお客さんに向けたアピール」が効果的です。


あなたの作ったアーティストページやライブ情報のページを見ているのは、「すぐにライブに来てくれる可能性のあるリスナー」です。


リスナーがライブに来やすいように、ライブ情報を載せるページもいろいろと工夫しました。


BAND-AGEライブ告知ページで


  • その場で出演バンドの動画を見て予習ができる。
  • 各アーティストから、チケット予約もできる。
  • フレンド同士、ライブのお誘いができる。
  • イベントのハッシュタグ付きツイートができる。


ぜひ登録してみてください!

登録料・利用料はかかりません。

BAND-AGEがあなたの音楽活動のお役に立てたらうれしいです!



この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

【前の記事】 認知度の低いミュージシャンこそBAND-AGEを使うべし
【次の記事】 【バンド集客】SNSとホームページをどのように使い分けるか
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。